薬局の開業資金の確保をしていく上での各注意点

まずは個人事業主としての開業目的でやってみる事

これは国内でも多く見られたりする傾向でもありますが、最初から採算が合わないうちに多額の借り入れを高金利の相場の利息設定がなされているフリーローンなどでの多額な借入れなどを行います。その後、中々収益が上がらずそのため債務超過に陥り、挙句の果ては、2年も経たずに破産宣告や債務調停、仲裁などのような、いわゆる債務整理をせざるを得ない羽目に陥るような開業をしてしまう方などもあります。そうならないためにも、しっかりとした最初から株式会社や合同会社などの無理な法人の立ち上げなどを目指さずに、個人事業主といった形で起業を行うような、なるだけ開業資金面で無理が無い薬局の開業手段の方が、断然ベストと言えます。また、基本的に薬局の開業といった形になりますので、当然の事ながら、国家資格である薬剤師の資格などは必須になります。同資格の免許が無ければ開業自体が個人事業主での起業の場合には認められないことも少なくはありませんので、注意が必要です。そして、薬剤師の資格や証明書類などの所持の確認をしたら、今度は個人事業主としての商業登記の届け出を、近くの法務局に対して行います。実はこの登記の謄抄本なども、開業資金確保などの際には必要になってきます。特に個人事業主での起業の形の場合、様々な面で信用を得にくい現状があります。このような事がありますので、個人商業登記の備えなどは必須と言えます。その上で、なるだけ資金確保なども、政策金融公庫などをはじめとする公的な融資制度などを利用していくようにします。金利設定も低い上に、限度を考えた借入額の場合、借り入れがしやすい面もありますので、そうした面でやはりお勧めと言えます。

どのくらいの必要資金額かの現状把握が大切

これはごく当たり前の事でもありますが、必要資金額がどのくらい掛かるのかの実態把握などもとても大切です。個人事業主での起業の場合、大抵の方は約300万円前後での借入れを行うような傾向が、地方僻地にある中小都市でのケースなどでは多い現状があります。ただ、東京都心部や横浜市、川崎市、大阪市その他の各大都会部の街中の場合には、幾ら業務用テナントの賃貸契約などの場合ではあっても、最低でも1千万円程度は優に掛かりますので、こうした全国各地での地域毎での違いを把握しておく事が大切です。その上、薬局としての開業の場合ですので、個人事業主での独立起業などの場合でも、これくらいの資金が掛かる事は頭に入れておく必要があります。

起業後での様々な気を付ける面について

そして無事に、独立起業を果たし無事に個人事業主として最初は開業をしていくというような形になります。しかし、だからこそ中々気が抜けないところが多々ありますので、本当に大変な事が多い現状もあります。まずはやはり、実際に事業運営をしていくにおいて、最新科学技術の導入や革新などがあったりした際に、開業資金分のうちの剰余金として残していた金額とはまた別に、その金額を上回る必要追加経費などが発生をしたりする事も場合によってはあります。実はそうしたケースで開業間もないといった事情もあり、中々お金の借入れが出来ないため、失敗をする薬局事業者なども多いといった実態もあります。このような事もありますので、開業時にはなるだけ無理をしない心掛けが常に大切です。

記事一覧