薬局の開業資金を知っておきましょう

薬局を新設する時の開業資金に関して

大学の薬学部をご卒業されて、難しい国家試験に合格した後には晴れて薬剤師として仕事をすることができます。駅前や商店街などに入っている調剤薬局や大手企業のドラッグストアチェーン店のスタッフになる方もいれば、製薬会社の社員として研究職や営業活動をされる方もいます。ご実家でご家族が既に薬屋を営まれている場合は、一定の経験とスキルを積まれたのちには家業を継がれる方もいます。また、自分の経験とスキル、適正を活かして起業される方もいます。調剤薬局を開業される方もすくなくないということです。

薬屋の開業資金の確保の仕方を知りましょう

薬屋を新設する際には、開業資金が必要不可欠です。建物のテナント料や契約料、また内部機材やIT機器を設置するにも資金が要ります。一般のオフィスに比較しても専門機器が多いので、多大な資金がなくては開業することはできません。一般のビジネスと同じように銀行からの融資を受けることが基本になりますが、昨今は医療関係者専門の信用機関があり、その機関を通じて融資を受けることも可能になっています。個人病院の開業と同じように、専門的な融資機関を利用することをお勧めします。薬剤師として経験と実績を積まれていれば、その融資に関する情報も自然と入ってくるでしょう。

資金の使い方をしっかりと確認しましょう

薬屋は資金があればどなたでも開業できるというものではありません。日本の薬事法では薬剤師の資格を持つ方でしか薬剤を販売してはいけませんし、薬剤の効能や使い方に関するアドバイスを患者様にすることはできません。資格があればよいというものでもなく、日進月歩で新しい情報が出ている医療情報、薬学情報にも精通していなくてはなりませんし、調剤技術も経験に基づいたスキルが必要不可欠です。また、患者様であるお客様に適切な医療を提供すべく接客技術、コミュニケーション能力も必要になります。調剤技術だけがあれば成立するという仕事ではありません。また資金の使い方として、患者様が処方箋のお薬が出来上がるのを待つ時間もストレスを感じないような、リラックスできる空間を用意する必要があります。高性能の加湿器も置くことも良いですし、座り心地のよいソファもあれば喜ばれるでしょう。患者様によってはその場ですぐお薬をお飲みになりたいというかたもいますので、給水機も用意することも悪くはありません。居心地の良い薬屋というイメージを作るために、資金を有効活用しましょう。

記事一覧